ロートアイアン・ロートアルミ
デザイン部の部材形状はなにがおススメ?

ヴィッキー

こんにちは!
カスタマーサービス担当、お客様の味方ヴィッキーです!
今日は、ロートアイアンやロートアルミのデザイン部に関して、デザイン担当のジョップに聞いてみようと思います。



ジョップ

こんにちは、デザイナーのジョップです。よろしくお願いします。


ロートアイアン・ロートアルミ
どんな形状や種類の部材がある?

基本的には3種類|角棒・FB(平板)・丸棒

ヴィッキー

さっそくですが、どのような種類があるか教えてもらえますか?


ジョップ

はい、一般的にデザイン部分の表現には角棒・FB(平板)・丸棒が使われることが多いです。さらに角棒、FBにはプレーンとラフエッジ(叩き加工)のものがあるので形状は同じでも違った雰囲気になります。


ヴィッキー

それぞれの特徴はどんなものでしょうか?


ジョップ

形状によって同じデザインでも違った雰囲気になりますので、まずはプレーンや叩き加工は後にして形状だけで雰囲気の違いを比べてみたいと思います。


角棒・FB(平板)・丸棒の大きな違い

角棒材|アイアン・アルミ

ジョップ

縦格子のデザインでよく使われます。サイズは縦格子の場合14mm角、曲線などには12mm角が選択されることが多く2mm刻みで種類があります。


FB(平板)材|アイアン・アルミ

ジョップ

加工がしやすく曲線デザインや細かいデザインでよく使われます。サイズは幅が12-14mm、厚みは4-6mmのモノを選択されることが多く、こちらも幅・奥行きともに種類があります。


FB(平板)材|アイアン・アルミ

ジョップ

こちらは角棒と同様厚みがありますが丸い形状なので柔らかな印象に仕上がります。植物のツルなどの表現に向いています。こちらも色々な寸法の素材があります。


ヴィッキー

同じデザインでも素材選びで印象が変わるんですね!先ほどのプレーンとラフエッジ(叩き)の違いはどうでしょうか?


ジョップ

形状と同じくらい大事なのがプレーン素材か叩き素材かの選択です。


ヴィッキー

そちらもそれぞれの特徴を教えてもらえますか?


ジョップ

はい、それではそちらの説明もしていきます。


プレーン材とラフエッジ(叩き)材の大きな違い

プレーン素材|アイアン・アルミ

ジョップ

すっきりとした印象でどのスタイルにも使いやすいベーシックタイプです。


ラフエッジ(叩き)材|アイアン・アルミ

ジョップ

ゴージャスな印象で形状がごつごつしているのでエイジング塗装に最適です。


ジョップ

素材による印象と重厚感のチャートはこんな感じになります。


ヴィッキー

これだと分かり易いですね!
ちなみに素材によって価格が変わったりするのでしょうか??



ジョップ

基本的に通常サイズであればどの種類でも同額になりますのでお好みの仕上がりイメージによって選択すればよいと思います。ただし角棒などの場合、細かすぎるデザインの加工が出来ない場合があるので、その点では制限があります。


ヴィッキー

なるほど!
これ以外の素材はありますか?


ジョップ

はい。これ以外にもデザインによって太いか材料を使用する場合は重量を考慮し角パイプや丸パイプなど使用する場合がありますが曲線や太さの強弱表現ができないので直線的なデザインや枠などに限定されます。また素材を重ねたりして厚みを出したりすることも可能です。


ヴィッキー

あとは表札などにも使われる鉄板やアルミ板のレーザーカット加工ですよね?


ジョップ

そうですね。ただこれに関してはハンドメイドではないので細かいデザインを表現できる分、機械的な綺麗な仕上がりになります。

鉄板、アルミ板の特殊加工に『鎚起』というものがあります。これは通常の表面をハンマーでたたいて表面に凸凹をつける技法です。こちらについてはまた『加工技術』の記事で説明したいと思います。

ヴィッキー

ありがとうございます。]

それでは毎日商品を見ているフォージマン技術チームのメンバーも含めて、皆さんのお気に入りを教えて下さい!


フォージマン担当スタッフにお気に入りの素材を聞いてみました。

ロートアイアン技術

技術担当:アーサー

■FBプレーン
見る角度で変化を感じられて面白く曲げやすいので細かいデザインにも対応できていい!弊社は厚めのFBを使うので貧弱さがなくてGOOD!

ロートアイアン材料,素材

技術担当:テッシー

■FBラフエッジ(叩き)
平面に味がでて良いと思います。


ロートアイアン材料,素材
株式会社ディオ,世界の建材ドットコム

カスタマーサービス:ヴィッキー

■角棒プレーン
他社さんと比較し太めの素材を使用しアイアンの良さでもある重厚感を感じて頂ける。

ロートアイアン材料,素材
株式会社ディオ,世界の建材ドットコム

デザイナー:ジョップ

■角棒プレーン
素材はすっきりしたままで重厚感があるベーシックなタイプが一番!

ロートアイアン材料,素材
ヴィッキー

んー、やっぱり好みはそれぞれなんですね~



ジョップ

デザインやお好みによるので正解はないと思います。製作例など見て頂いて気に入った雰囲気の素材を見て頂くとよいと思います。


ヴィッキー

そうですね!お客様からご意見をお聞きして素材の選択のお手伝いをしていきたいと思います!


ロートアイアン、ロートアルミのデザイン部素材のまとめ

アイアン、アルミ材(通常サイズ)
角棒
プレーン
角棒
ラフエッジ(叩き)

FB平板

プレーン

FB平板

ラフエッジ(叩き)

丸棒

プレーン

重厚感X
豪華さ
すっきりX
重量重い重い軽い軽い少し重い